ロジック・ブレイン システムを知ったきっかけを教えてください。

ロジック・ブレインがまだ法人として設立される前の2012年に
セミナーに参加したのがきっかけです。
こういったアプローチのマーケティングツールがあることを
初めて知り、驚きました。
セミナーのあとすぐに講師の方にSNSでメッセージを送ったところ
スクールへの参加をご提案いただきました。

ロジック・ブレイン システムを導入した理由を教えてください。

当時から自動車部品のウェブ通販の会社を経営していたのですが、
対面でのコミュニケーションに飢えていたのでしょう。
人の個性にフォーカスし、人間関係を組織戦略に変えていく
ロジック・ブレインの受講にのめり込みました。
学んでいくうちにこの内容を他の経営者にも
伝えたいと思うようになりました。

思い返すと若いころから、漠然とですが悩みを聞いて
一緒に解決策を探す「相談役」のような仕事をしてみたいと思っていました。
ロジック・ブレインへの理解が深まっていくにつれ、
この仕事をやってみたいという気持ちが確信に変わりました。

現在はウェブ通販の会社経営と並行して、
ロジック・ブレインの認定パートナーとして、
毎年多くの経営者のみなさまにアドバイスを行っています。

導入した結果、どのように変わりましたか?

私自身の会社での話になりますと
ロジック・ブレイン システムを活用することで
人材の配置を変えたところ1年ほどで売上が165%向上しました。

ロジック・ブレインは特に自社の売上に困って導入した訳ではなかったのですが、
当時社内でも人材で問題を抱えていました。
ある新入社員の人材と代表である私が、どうしてもお互いの足並みが揃えられないのです。
商品知識や主体性…ポテンシャルの高い人材だったことはわかっていましたが
なぜ活用できないのだろうと悩んでいました。

そこで、ロジック・ブレインを応用してみたのです。
システムを使って研究してみると、配置や接し方、関係性など
さまざまな角度から、より最適な方法があることがわかりました。
勇気の要る判断をしなければなりませんでしたが、
最終的に決断し、人材の配置に手を入れたところ、結果的に売上が向上したのです。
その社員は活躍の場を拡げ現在は部長にまでステップアップしています。

ロジック・ブレインは大企業向きだと評価いただくことが
多いのですが、中小企業にもしっかりと応用でき、かつ
明確な結果が出せる実力派のツールだと確信しています。

浅野 雅義

現在はロジック・ブレインをどのように活用されていますか?

「人」にフォーカスしたコンサルティング業務に活用しています。
ロジック・ブレインの認定パートナーに加え、
個人として健康経営アドバイザーの資格、法人としても「健康経営優良法人2020」の中小規模法人部門の認定事業所を取得しました。

健康経営の意味は経営者によってとり方はさまざまですが、
私は、働く皆が人と人の個性を認め合えることで
ストレスが軽減された社内風土が形成されている状態が
「健康経営」と「働き方改革」の本質の実践ではないかと考えています。

ロジック・ブレインを活用することで、
そのような社内風土をつくることが、本来経営者のつとめと言われる
「働きやすい環境づくり」につながり、社員は活き活きと働くことができるようになり、
生産性が向上します。
もし社員1人の生産性が20%アップしたら…そしてそれが10人だとしたら、
単純計算ですが、会社としては200%アップしたことになりますよね。
これはもう、経営に対し明確に数字として出てくるレベルです。

ロジック・ブレインの活用範囲は無限です。
この優れた特性を活かし、健康経営のコンサルティングに役立てて
行きたいと考えています。

ロジック・ブレインを他の方に勧めるとしたら
それはどんなことでしょうか?

これからのテレワーク全盛の時代だからこそ、最適かつ欠かせないツールだと感じています。

通信が整備された現代のテレワークは、お互いがその場に居合わせなくても
顔を見ながらコミュニケーションができるなど便利な一方、
オン・オフの切り替えや孤独感との戦いなど、テレワークだからこそ生まれるストレスもあります。

そのようなストレスを持った相手に対し
配慮(想像力)を持ったコミュニケーションが必要です。
お互いがその場に居ないならではの言葉選びや話す順序など、
接し方を工夫することができる、そんな人材がこれからの時代に求められていくのではないでしょうか。

コロナウイルスの影響で、短期間のうちに世界が変わり、働き方が変わりました。
これから先の時代に対応していくために、こういったスキルを今から
会社の皆で学ぶことは、未来に対応していくための企業づくりだと
私は思っています。


そしてこれは経営者としてだけでなく、私個人の意見ですが
相手を認め尊重し合える人間関係は社会生活において、基本だと想います。
私はこれまで失敗も多く経験してきました。中には人や社会に対して
失望してしまうような経験もありました。

ロジック・ブレインに出逢ったことで、私は人に対して深いお付き合いができるようになりました。
そうして行くうちに人を信じられるようになりました。
すると経営者として、人を信じて、自信を持った判断や思い切った判断が
できるようになったのです。

これまでさまざまなことを経験してきましたが
「人」と「人」が個性を認め合える、そういう環境を作り出すことが会社経営だと想います。
人材の良さを正直に評価してあげることも、そしてそれを実行させてあげることも、
裁量権を持った経営者の仕事です。
私自身、任せてみることに不安はありましたが、結果的にはそれこそが正解でした。
ロジック・ブレインはそういった不安を払拭してくれる
「ビジネスツール」であり「人生のコンサルティングツール」だと想います。

PROFILE
株式会社まこと屋

代表上中 啓普

● 経営コンサルタント 
● ウェブ通販会社経営

徳育を通じて「心の在り方」という学びの輪を広める活動を行っています。前述の「良好な人間関係」を築くためには、「真心で接する」ことが前提となります。「仕事」や「お金」はその土台の上に乗っているイメージですので、土台さえしっかりすれば、頑丈で安定した息の長いビジネスが構築できます。皆さんで100年続く企業を目指しましょう。

https://hrnavi.net/
上中 啓普

目的に合った分析システムを
提供いたします